新着情報

◆イベント・フェアなど新着情報

7月15日、第163回芥川龍之介賞・直木三十五賞の受賞作が発表されました。


◆第163回芥川龍之介賞

新潮社「首里の馬」 高山羽根子著


著者略歴

高山羽根子、富山県出身。 2009年「うどんキツネつきの」がアンソロジー「原色の想像力」に収録されてデビュー、第1回創元SF短編賞を受賞

2016年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞大賞を受賞

2019年「居た場所」で第160回芥川龍之介賞候補に

2019年「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」で第161回芥川龍之介賞候補に


◆第163回芥川龍之介賞

河出書房新社「破局」 遠野 遥著


著者略歴

遠野 遥、神奈川県出身。 2019年「改良」で文藝賞を受賞しデビュー




◆第163回直木三十五賞

文藝春秋「少年と犬」 馳星周著


著者略歴

馳星周、北海道出身。 1996年「不夜城」でデビュー

1997年「不夜城」で第18回吉川英治文学新人賞、第15回日本冒険小説協会大賞国内部門を受賞。第116回直木賞候補に

1998年「鎮魂歌 不夜城2」で第51回日本推理作家協会賞長編部門を受賞

1999年「漂流街」で第1回大藪春彦賞受賞、「夜光虫」で第120回直木賞候補に

2000年「M」で第122回直木賞候補に

2002年「ダーク・ムーン」で第15回山本周五郎賞候補に

2004年「生誕祭」で第130回直木賞候補に

2007年「約束の地で」で第138回直木賞候補に

2015年「アンタッチャブル」で第153回直木賞候補に

2020年本屋大賞の結果が発表されました。

​毎年発表会が行われるのですが今年はコロナウイルス感染拡大の抑止に伴い、動画配信という形での発表となりました。

一次投票では、全国477書店、書店員586人、二次投票では300書店、書店員358人の投票によって決定された2020年「お客様にもオススメしたい書店員イチオシの本」をご紹介いたします。


◆2020年本屋大賞の受賞作発表

 1位 東京創元社「流浪の月」 凪良ゆう著

 2位 ポプラ社「ライオンのおやつ」 小川糸著

 3位 講談社 「線は、僕を描く」 砥上裕將著

 4位 新潮社「ノースライト」 横山秀夫著

 5位 文藝春秋「熱源」 川越宗一著

 6位 講談社「medium 霊媒探偵城塚翡翠」 相沢沙呼著

 7位 文藝春秋「夏物語」 川上未映子著

 8位 双葉社「ムゲンのi 上」 知念実希人著

 8位 双葉社「ムゲンのi 下」 知念実希人著

 9位 角川春樹事務所「店長がバカすぎて」 早見和真著

 10位 双葉社「むかしむかしあるところに、死体がありました。」 青柳碧人著


◆2020年本屋大賞「翻訳小説部門」の受賞作発表

 1位 祥伝社「ア-モンド」 ソン・ウォンピョン著 / 矢島暁子訳

 2位 講談社「掃除婦のための手引き書」 ルシア・ベルリン著 / 岸本佐知子訳

 3位 早川書房 「三体」 劉慈欣著 / 大森望、光吉さくら、ワン・チャイ訳


◆2020年本屋大賞「発掘部門「超発掘本!」」の受賞作発表

 受賞 文春文庫「無理難題が多すぎる」 土屋賢二著


本屋大賞公式サイト:https://www.hontai.or.jp/